VOLVO 試乗記

【ボルボXC40試乗】確かにイイ!軽快でパワフルなコンパクトSUV。

更新日:

インテリア

”Lava”オレンジカラー

”Lava"オレンジ映えるインテリア

試乗車のインテリアは1st Editionでもオプションとなる、

  • ”Lava"オレンジカラー・フロアカーペット&ドア内張り ¥25,000

が装備されていた。これがなかなかのインパクトで、ドアを開けた瞬間に思わず「うぉっ」と声が漏れるほどの代物。

とにかく色鮮やかなオレンジ

ドア内張りには同色のフェルト地素材が張られていて、例えばタブレット端末やノートPCをサイドポケットに放り込んでもある程度は保護してくれそうだし、小物を入れたときの「カタカタ」音も抑制してくれそうな気配。

にしてもかなり鮮やかなオレンジで、慣れはするものの、人によってはトゥーマッチかもしれない。が、確かに攻撃的で格好はイイ。

ドア内張りはフェルト地

リアも同様の仕様

ファインナッパーレザーシート

ファインナッパー×レザーコンビネーションシート

シートはR-Design標準のファインナッパーレザーコンビネーションシート。シートの形状は全グレード同じで、素のT4以外のグレードには運転席8ウェイパワーシートが装備。前後・上下・背もたれ角・座面角の調整が出来て申し分ない。

ただシートのホールド性という意味では今ひとつ。背面部の幅にゆとりがある設計で、180cm62kgの自分としては幅が余ってしまい、カーブのたびに上体が右に左に振れてしまう。もう少しタイトな作りでも良かった。しかし適度に硬く座り心地は◎ゆったり移動する局面では快適そのもの。

インフォテイメントシステム「 SENSUS CONNECT」

iPad miniくらいのサイズ感

インフォテイメントシステムはおなじみの「 SENSUS CONNECT」

XC90から始まった新世代ボルボに搭載されるこの9インチタッチパネルの操作性は良く、これによって、ナビ・オーディオ・エアコン・車両設定などクルマに関するあらゆる操作を実行する。

インフォテイメントシステムはBMWやマツダ、アルファ・ロメオのように、手元にコントロールユニットがあるタイプが最も使いやすいと常々考えていたが、

これはこれで有りだな

と思わせる出来。XC60試乗記事でも触れたが、操作は直感的でわかりやすく、スマホ・タブレットに慣れ親しんだ世代にとってはなんら問題ない。

このシステムにクルマのあらゆる設定や操作を集約したことで物理ボタンはスクリーン下に設置されたモノのみになった。

物理ボタンはこれだけ

よく使うであろう、

  • ドライブモード
  • 音量(再生ボタンのリング)
  • 再生・停止
  • 曲送り・戻し
  • フロントウィンドウエアコン
  • リア曇り取り
  • ハザードランプ

が、ボタンとして残されていて、この取捨選択も効果的。よく考えられたシステムだと思う。

その他の装備

コンソール奥にワイヤレス充電(Qi)とUSB端子

試乗車はharman/kardonオーデイオを装備

その他にも1st Edition装備のワイヤレス充電やharman/kardonオーディオシステムなど特別仕様車ならではの装備が目立つ。ワイヤレス充電はInscriptionには標準、その他オプションとなる。プレミアムオーディオシステムはXC60ではBowers&Wilkins、XC40ではharman/kardonとなるらしい。この違いは・・・?

質感はかなり高い。

インテリアの質感は兄貴分のXC60と比べても遜色なくほぼ同等と言ってよいくらいの仕上がり。ご覧のようにR-Designでしかもオプションの”Lava”オレンジカラーが付けばかなり攻撃的な、ド派手な印象になるが、これがラグジュアリー仕様のInscriptionになると、ウッドパネルがついたりシフトノブがクリスタルになったりと、シックで上質な空間になる。

弟分だからと言って、見劣りする所はほとんどなく新生代ボルボに共通するインテリア仕様になっている。

 SPONSORED LINK

XC40のエンジン・走り・ハンドリング!

XC60より軽快なエンジン

しかしなんとも味気ないエンジンルームだった・・

前述の通りエンジンは全車2,000ccのターボエンジン。T4/T5共に同型エンジンだがT5の方がよりパワフルにチューンアップされている。おさらいすると、

T5スペック

  • 最高出力  185kW(5,500rpm)
  • 最大トルク 350Nm(1,800−4,800rpm)
  • 燃費    12.4km/L

という内容で、これは以前試乗したXC60 T5 AWDと同型(B420型)、同スペック。

対して車重がXC60は2,135kg、XC40は1,985kg(いずれもサンルーフ込)で150kgほどXC40のほうが軽くなっている。この重量差が大きく作用したようで、同エンジンながらXC40の方がより俊敏で軽快。加速の鋭さも明らかに上と感じた。

ゆったりクルーズするようなXC60と若々しく駆け回るXC40。XC60では少々物足りなかったトルク感も充分で、出だしの力強さ・坂道のパワフルさもディーゼルのそれに近い。そうは言ってもガソリンエンジンなので、トルクを稼ぐべくエンジンの回転数は猛々しく上がるが、しかしこれ位の力強さがあれば敢えてディーゼルエンジンをラインナップする必要もない。

燃費

XC40はカタログ値で

  • 12.4km/L

という燃費数値だったが、実際に30km程を思う存分エンジンの回転数を上げながら走り回るとメーター表示で5.9km/Lを示していた。もう少し距離を稼げば多少は向上するだろうが、このクラスのディーゼルならば10km/Lを下回ることはほぼ無いのでは?と感じる。

そういう意味ではディーゼルエンジン投入のメリットはあるかもしれない。が、「回す」楽しさを味わえるガソリンエンジンはこれはこれでとっても面白い。

同じT5エンジンを選択するなら明らかにXC60よりXC40を選んだ方が満足度が高いだろうと感じた。

気になる足回り

P ZEROロゴ横の「VOL」はピレリがボルボ用に専用開発したことを示す

素のT4は17インチ、Momentumは18インチ、R-DesignとInscriptionは19インチホイールを標準で履くXC40だが、試乗車はオプションの20インチを装備。タイヤはピレリP ZEROで、コテコテのスポーツ系タイヤである。

引き締まった上質な走り。を期待したい所だったが、スポーツタイヤと20インチホイールのおかげか「ゴリゴリ・ガツガツ」感が気になった。ラジアルタイヤだが、まるで「ランフラットか?」と感じるほど、足回りの印象はゴツゴツと硬く、しなやかに路面を追従するような感触は無い。

では、その分グリップ感に優れているのかと言うと、そういう訳でもなく、この組み合わせは少々オーバーかもしれない。と感じた。

XC60の時も、また中古のV40クロスカントリーに乗った時にも感じたが、どうもボルボは洗練された外観、質の高いインテリアに対して足回りのバタバタ・ゴツンゴツン感が目立つ。

身なりも中身もちゃんとしているのに足元だけ下駄でも履いているような・・

全体のイメージと足回りの感触がマッチしていないように感じられることが多い。確かに大経ホイールと低扁平タイヤは見た目にはかなりカッコいいのだが、クルマとのマッチングを考えると意外と17インチくらいがちょうど良いのではないか。そう思えてしょうがなかった。

ハンドリング

写真だと見えないがR-Designにはパドルシフトも装備

前後重量配分は1,010kg:700kgで、59:41。FF車らしい配分。

このXC40から小型車用に新開発したCMAプラットホームが使われており、剛性感はXC60に負けず劣らずかなり高い。静粛性も申し分なく、エンジンは快調そのもの。加速感が楽しくストップ・アンド・ゴーも全く気にならない。そういう意味では「楽しいクルマ」。

新プラットホームのおかげか、車両重量の影響か、はたまたゴツゴツと硬い足回りのおかげか、XC60と同じ車高がありながらカーブのたびにユッサユッサ揺れる感触はだいぶ抑えられている。XC60ではいかにも「SUVっぽい」上体が揺れるようなハンドリングだったが、XC40は重心が一段下がったような、とてもいい感じに躾けられている。例えばBMWのSUVなんかと比べればそれでも腰高な感じは残るものの、かなり良くなっているのは確か。

そういう意味ではXC60よりも「走れる」、イイクルマだった。

しかし、ハンドリングを楽しむ、ワインディングを駆け抜ける用途には向かないクルマで、街中を走り回ったり長距離を移動する用途に真価を発揮するようなクルマ。XC60と同じく、これはもうブランドの考え方の違いそのもので、そういう用途を指向して選ぶにはもってこい。

こと、一族の兄貴分XC60よりもイイのではないかと感じる部分も多々あり、荷室や後席のスペースに重きをおかないのであれば断然XC40の方が楽しいクルマに仕上がっている。

そりゃあ、売れるわけだ!

クルマの買い替えは、愛車の査定を忘れずに!

愛車の市場価格を知る >

関連記事

ボルボ一族の兄貴分、XC60の試乗記事はこちら!

【ボルボXC60試乗】洗練を極めた内外装で「快適に移動する」ためのクルマ。

ライバルとなるであろうBMW X1の試乗記事はこちら

【BMW X1 18d試乗】こんなに走れる楽しいディーゼルSUVだとは!

 SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-VOLVO, 試乗記

Copyright© カーモット! , 2021 All Rights Reserved.