ポルシェ 試乗記

【新型ポルシェマカン試乗】重厚!カッコいい!けどデカイ!燃費悪い!

更新日:

ついについに次期愛車候補筆頭のポルシェ新型マカンに試乗できました!

クラス随一のハンドリングと走行性を誇るマカン。

今回の試乗車は有力選択肢となる2.0L4気筒ベースモデル、いわゆる「素の」マカンです。

大いなる期待を持っての新型マカン試乗。その真価はいかに。

 SPONSORED LINK

新型ポルシェマカンのラインナップ

マカンと言えば、ポルシェラインナップの中で最も販売台数の多い最量販車。

カイエンの弟分として登場したものの、そのカイエンを凌ぐヒット作となった現ポルシェの屋台骨です。

2019年にマイナーチェンジを行いリニューアルされたものの、基本的なラインナップはこちら。

マカン2.0L直4ターボ6,990,000円
マカン S3.0L V6ツインターボ8,590,000円
マカン GTS3.0L V6ツインターボ9,810,000円(旧モデル価格)
マカン Turbo3.6L V6ツインターボ11,000,000円(旧モデル価格)
マカン Turbo Performance3.6L V6ツインターボ11,940,000円(旧モデル価格)

現時点で発表&価格が判明しているモデルは素のマカンとマカンSのみですが、前モデルのラインナップを踏襲してGTS以上のモデルも随時追加されていくものと思われます。

下は699万円から上は1,194万円まで、と言ってもあくまでこれはラーメンで言えばスープと麺のみのお値段。そこにどんなトッピングを施すか、どんな味にするかで全くお値段が変わってくるのがポルシェの特徴です。

BMWやベンツはある程度パッケージされて、プライスタグとそう乖離しないお値段で乗ることが出来ますが、ポルシェは顧客のカスタマイズ幅を設けていると言いますか、好きなようにアレンジできるのが最大のウリです。

もちろんそうなるとお値段はぐんぐん上昇。カーコンフィギュレーターであれこれ弄るとわかりますが、ベースモデル「素のマカン」でさえちょっとホイールやインテリアを変えて、キーレスを付けたり、アクテイブサスペンションを追加するだけで簡単に1,000万円を超えてきます。

上位モデルになればある程度、各種オプションが標準装備となりますがポルシェの基本的な考えは「顧客が好きなようにカスタマイズして乗る自分だけの一台」ということ。

「エンジンとシャシーは完璧に仕上げたよ。金があるならあとは好きにやってね」というスタンスで、何もオプションを付けなくてもとりあえず珠玉のシャシー性能は味わえる。最初からあれこれパッケージして高額になるよりも「選択の幅」という意味では確かに顧客本位のシステムかもしれないですね。

まあ、とにかく他社では普通に標準で付いてる装備ももれなくオプションなので庶民にはなかなかシビアな世界ではあるんですが・・。

 SPONSORED LINK

新型ポルシェマカン試乗!

エクステリア

マイアミブルー

新型から設定されたオプションカラーの「マイアミブルー」

それではエクステリアから見ていきましょう。

カラーは新型から新たに追加されたマイアミブルー。写真ではド派手な印象ですが、実際は率直に「イイ色!」です。

サイドスカートやフロントエプロン、タイヤ、プライバシーガラス等、黒い部分との対比がとってもキレイ。

マイアミブルーというだけに、燦々と陽射しが降り注ぐような天候だとより美しさが強調されて素晴らしい。雲天だとちょっと物足りない表情ではありますね。明らかに夏が似合いそうな色ではありますが、、あたり一面の雪景色の中でもとてもキレイに映えそうな色です。

正直言って、アリ。

カタログ写真を眺めていると、「さすがに派手過ぎでしょ〜」と思っていましたが実物を見て好転。これはアリですね。選択肢として充分にアリです。

ちなみにオプションカラーなのでお値段+387,000円なり!ってカラーだけで38万円!?高い。。

サイドビュー

ボディ同色のサイドブレードもオプション。

サイドビューを見れば見るほど、いかにもスポーツカーメーカーが作ったSUV然としたスタイルで、メルセデス・ベンツGLCクーペやBMW X4等、最近流行りの「クーペSUV」をまた別のカタチで表現したクルマ。SUVというより、背が高めのステーションワゴンという感じでしょうか。

流行り廃りというよりは、割とオーセンティックな雰囲気で堂々とした佇まい。カイエンも最近クーペタイプを出しましたが、マカンは最初からクーペタイプSUVだった訳ですね。

ちなみにボディ下部のサイドブレードは本来黒↓ですが、

試乗車はオプションにてボディ同色塗装がされていました。ちなみにその価格94,000円!

個人的には、サイドブレードが黒いことでこの部分が一段「締まる」感じもするんですよね。どちらも甲乙つけがたいものの、どちらかと言えばノーマルの黒色塗装の方が好きです。

特に、黒との相性が良いマイアミブルーなら尚更。

フロント

旧型は標準がハロゲン。新型はLEDライトが標準に。

全幅は1,923mmとかなり大型。カイエンの1,983mmに比べれば小さいもののそれでもかなり幅広の部類。トレッドを踏ん張るように広めにとり、キャビンはタイトに狭めることで安定性とコーナリング性能を高める狙いが感じられますが、実際この幅感、特に日本の道路事情だとかなり大きく感じます。

以前試乗したBMW X4も1,920mmとほぼ同等にワイドでしたが、不思議とそのデカさを感じることは無かったように記憶しています。

が、今回のマカンでは市街地や山間部のワインディング等でどうにも窮屈な感じが否めず。感覚的には道路の幅いっぱいに(実際そういう所もある)クルマが鎮座しているような気が終始していました。

なんでしょうね、視界もよく見切りも良いのですが大きさにはかなり気を使いました。そのせいか、ワインディングでも道路が狭く感じ、純粋に走ることに集中出来ないと言うか・・。

しかし、このワイド感がマカンの特徴でありウリで、特にフロントフェイスはこれでもか!というような威風堂々の佇まいです。

 

フォグライトは丸型からバー型に変更。

以前は丸型だったフォグライトはサイドのエアインテーク2段目を覆うバー型に変更。フロントだけで旧型と新型を瞬時に見分けるには恐らくここが唯一のポイントではないか、というくらい全体的な印象は変わってません。

「ヘッドライト部から連なるサイドフェンダーの「山」はボンネットよりも高くする」というポルシェ伝統のデザインアイデンティティもマカン・カイエンではかなりおとなしく、というか「無い」ほどに抑えられていますね。

よ〜く見るとフロントライト部分はボンネットより高く盛り上がっているように見えますが、ここを抑えたことでよりモダンな新時代ポルシェの印象に繋がっているのだと感じます。

 

フロント周りも「黒」と「マイアミブルー」の対比が美しい。

ボディ全体の構成を見てみると、特段、複雑な面構成をしている様には見えず、スタイルを強調する派手なキャラクターラインが入っているわけでもないのに、フロント〜サイド〜ルーフ〜リアと続く一連の流れが途切れずひとつの塊としてしっかり成立しているのがポルシェのスタイリングの凄さ。

曲面と曲面がきれいに繋がっていき、どこにも破断がない。素晴らしいですね。

標準装備のフロントエプロン。

ちなみにもうひとつ旧型からの変更点として、標準装備されたフロントエプロンがあります。

これ、結構かっこいいですね。旧型ではこの出っ張りがなくツルンとしていましたが、新型ではいいアクセントになっています。

ところが、485,000円もする「スポーツデザインパッケージ」というオプションを付けるとこの品のいいフロントエプロンがなんと無くなってしまうんですよね。

「スポーツデザインパッケージ」仕様のフロント。

いやいや。。旧型の印象には近くなりますが、のっぺりして抜群にカッコ悪くなってます。完全にいらないオプション。。

リア

気を取り直してリアです。恐らく、今回のアップデートで最もわかりやすいのが、最新のポルシェファミリー共通の意匠であるリアテールランプです。

通常「PORSCHE」の下にモデル名刻印があるが、オプション(¥0)で無しに。

旧型の左右分離したテールランプもあれはあれでカッコいいと感じますが、やはり一段モダンな印象を与えるのがこの繋がったテールランプ。

その中にPORSCHEの文字が立体的に埋め込まれています。

遠目から見るより近くで見れば見るほど芸の細かさに圧倒されます。

いやはや、これは文句無しにカッコいいでしょう。洗車するときは綿棒で仕上げるレベルです。

ポルシェの全モデルに採用されている繋がったテールランプ。マカンが最後に採用。

にしてもお尻周りもワイドな張り出しが素晴らしいですね。いかにも筋肉質で踏ん張りの効きそうなシルエットです。

後方から見てもトレッドは広く、キャビンはタイトなマカンの基本コンセプトが見て取れます。

ちなみにタイヤは前後異径。標準で前は235/60R18、後ろは255/55R18のこれまたワイドなタイヤを履きます。マカンGTSになると標準で前265、後295(!)の20インチが付きます。過激です。

悪天候時の視認性も◎

 SPONSORED LINK

次のページへ >

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ポルシェ, 試乗記

Copyright© カーモット! , 2020 All Rights Reserved.