BMW 試乗記

【BMW M850iプチ試乗】珠玉の8シリーズクーペは良く曲がる!

投稿日:

BMW TOKYO BAYの試乗コーナーにて最新のBMWに4台試乗してきました。

必読!
念願のBMW TOKYO BAYで試乗体験を満喫してきた!

行こう行こうと思っていた国内最大規模のディーラー「BMW TOKYO BAY」に遂に行ってまいりました。 なんと言っても ...

続きを見る

1台目はM135i xDriveに試乗。次に3シリーズ320d xDriveに試乗。この320dツーリングがあまりにも好感触だったために、是非セダンにも!という段階で、先約があり1時間あいてしまうことに。

それならば何か違うモデルに乗って時間を潰そうではないかと、選んだのが8シリーズクーペのMパフォーマンスモデル「M850i」でした。

「時間潰し」にしてはあまりにも贅沢ですが、普段中々お目にかかれない&気安く試乗出来ないモデルということで白羽の矢を立てることに。

お値段的にまーーったく候補に入ってこない高嶺の花ですが、こんな機会だからこそ悠々とドライブしてきました。

 SPONSORED LINK

BMW珠玉のクーペM850i xDriveに試乗!

今回も全く写真を撮っていないのが誠に痛い。中々お目にかかれないクルマであるからこそ、外観の一枚くらい撮っておけばよかったものを・・・。

反省。

拙い語彙力でなんとかしようと思いますのでよろしくお願いしまーす!

さあ、8シリーズクーペです。

純粋なMモデルであるM8も存在しますが、さすがに試乗車はまだ無かった模様で、現状のトップモデルであるM850iクーペ試乗となりました。

エクステリアは圧巻の佇まいで、それはもう惚れ惚れするようなスタイリングでした。ずーっと眺めていられそうなほど完成度が高く、どこにも破綻がないと言うか、、完璧ですね。うっとり。

対してインテリアはこれまたBMWの良い所でもあり悪い所でもあって、その他のモデル、1シリーズや3シリーズと大きく変わらない印象でした。

どのモデルに乗っても迷わず操作できる利点はあるにせよ、スーパーラグジュアリーなクラスなのでもうちょっと演出があっても良いかな〜という感じです。運転席からインテリアを眺めても言うほどの興奮はありません。

クルマを降りて外観をまじまじと眺めた時の方がテンションは上がりましたね。

4WSで驚くほどよく曲がる〜!

M135i試乗記事にも書きましたが、試乗した3車種の中でこのM850iが一番ステアリングが軽かったです。

全車種コンフォートモードでの比較でM135iが最も重く、320dが標準的、M850iはだいぶ軽い印象です。

そのせいか取り回しがものすごく楽で、おまけに四輪操舵(4WS)機構を備えているのでビックリするくらい良く曲がります。

大きくて重たいエンジンを備え、車重も1,990kgあるのにそれを全く感じさせませんでした。

サイズを見ると全長は4,855mm、全幅は1,900mmとそこそこあるんですが、実はホイールベースが3シリーズ(2,850mm)より短い(2,820mm)です。

今回試乗した3車種の中では最も良く曲がる印象で、同じ道路同じ交差点を通っても逆に狙ったラインよりも内側に入るような印象でした。最初は戸惑いますが、慣れればとても軽快!

意外ですね〜。8シリーズが最も回頭性に優れているとは。

その影響もあってか、想像していた程のデカさは感じませんでしたし、幅1,900mmも例えばポルシェ・マカンより小さいですからね、街なかでもスイスイです。

エンジンフィール

エンジンスペックは、

M850i xDrive

  • 4.4L V8ツインパワーターボ
  • 最高出力 530ps/5,500rpm
  • 最大トルク 750Nm/1,800-4,600rpm
  • 燃費(WLTCモード) 8.1km/L
  • 0−100km加速 3.7秒

恐ろしい数字が並んでいますね。

今回の試乗コースは再びワンアワートリップコース。直線も多く、交通量も少ないとは言え、まあこのエンジンを使い切れるはずもなく。

恐らく全ポテンシャルの4分の1も発揮出来なかったのではないかと思われますが、それでもスポーツモードにして踏み込めば視界が歪むような強烈な加速を見せます。

飛行機の離陸Gなんて簡単に超えるくらいのGを感じますね。いや〜しびれる。

そしてMアダプティブサスペンションも付いているので、コンフォートにすれば乗り心地もすこぶる良く、スポーツにすればスポーツエグゾーストな演出もあってイケイケなクルマに早変わり。

一般道ではこのエンジン本来のパフォーマンスを垣間見ることさえ出来ませんでしたが、獰猛なモンスターを抱えつつも、、法定速度でゆったりドライブするのもまたこれとっても贅沢で良いなと。

個人的にはスポーツモードのイケイケ感よりもコンフォートモードで「くゆらせる」ように走る方が至福でしたね。

どこか海外の、緩やかなカーブが続く田園地帯をグランドツーリングしたら最高だろうなと妄想。日本で言えば北海道辺りをゆったりとさほど飛ばさずに走ったら最高に気持ちよさそうです。

純粋なMモデルではないので、そこまでクルマが急かすような感じもなく、ゆったりドライブもしっかり許容してくれる大人の包容力があるイイクルマ感ハンパないですね〜。こいつはモテるわ〜、的な。

 SPONSORED LINK

M850i xDriveまとめ

最高にカッコいいし、取り回しはかなりイイ。速いし上品だし求めるものを全て兼ね備えたようなクルマでしたね。

乗り出し2,000万円くらいするクルマの世界ってこういう感じなんだなぁ

とまじまじと思わせる魅力がありました。

これがM8になるとものすごく男性的なクルマになりそうな気がしますが、M850iはどこか女性的な優しさというか、包み込んでくれるような安心感とか癒やされ感を感じましたね。

とは言え、2,000万。320dツーリングを3台買ってお釣りが来るくらいの値段と考えると・・・・

まあスーパー贅沢品ですね 笑

このクルマを所有することは・・・残念ながら一生なさそうですが、でも2泊3日くらいで一緒に旅に出かけたいなぁ。。

そんな高嶺の花でした。

 SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-BMW, 試乗記

Copyright© カーモット! , 2020 All Rights Reserved.