トヨタ 試乗記

【トヨタCH-R試乗】ボディ剛性の高さと低重心が際立つ万能型SUV!

更新日:

 SPONSORED LINK

CH-R肝心の走りのクオリティ

TNGAプラットフォーム

トヨタ公式HPより

さていよいよ肝心の走りの質感について。外観やインテリア、各種装備がどうであれ車として最も大事なのは走りの質感、クオリティ・オブ・ドライブです。

特に「走り」にこだわったコンセプトを持つ車なので尚更気になります。

ここに大きく貢献するのがトヨタの新プラットフォーム「TNGA」(テ◯ガじゃないよ・・)トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ。新型カムリやレクサスの一部にもTNGAプラットフォームが使用されていますが、CH-Rに採用されるのは「TNGA-C」というタイプのシャシー。新型プリウス・プリウスPHVで初採用。CH-Rで2モデル目となり、特徴は高剛性と低重心だそうな。果たしてその実力は如何に。

剛性感。圧倒的。

その高剛性な新プラットフォーム。走り出してまず感じるのはそのガチッとした剛性感。一瞬で感じることが出来るほど「しっかり感」がすごい。硬い殻に守られている感触と言うか、車体がきしむようなねじれるような感触はほぼ無い。

この新型プラットフォームの剛性は例えばヴィッツやボクシーやカローラなど、既存車のそれに比べて約5倍の強度を誇るらしい。

5倍。それはすごい。

キツイカーブにどれくれらいの速度で進入して行けるかは、車体の剛性と大きく関係する。剛性の低い車体だと車がバラバラになってしまいそうな恐怖感を感じるから自然と速度が落ちる。しかし高剛性の車体だと自分でもびっくりするような速度で進入していたりする。ライバル車となるヴェゼルやJUKEとはこの辺りで明確に差があるらしく、サーキットで比較試乗を行った営業マン曰く「安心感が全然違った」とのこと。

確かに試乗してみてこの辺りの感触をしっかりと確認。

「このスピードだとちょっと厳しいかなぁ」という速度でカーブに進入してみる。すると余裕の表情でCH-Rはカーブを曲がりきる。車体がぶれないと言うか、横Gに負けないというか、高めの速度でもしっかりと車体が付いてくる。

この剛性感は極めて気持ちいい。まだ新車だと言うのもあるが、走行中にどこかからビビり音やミシミシ音、カタカタ音が聞こえることなんて皆無。さすが世界のトヨタが総力を結集して作っただけある。剛性感だけで見ればBMWやAUDI、メルセデスなど、欧州車と引けをとらないんじゃないか!?そう感じさせる出来栄えだった。

低重心。不思議な感覚!

そしてこのプラットフォームで特筆すべきはもう一つの謳い文句である「低重心」。

一般的トヨタ車より大径のスタビライザーを備えたと言う「新開発サスペンション」の性能と合わせて、走るほどにわかる重心の低さ。そしてそこからくる安定感。

 

例えば交差点を左折する時に少々無理してグイン!と曲がってみる。カーブを通過する際に少し遅れ気味にハンドルを切って、わざとロールを起こすように急に曲がってみる。すると、いやはや不思議。ほぼロールしないのた。コンパクトSUVとは言え、車高はそこそこ高い。全高1550mm。その車高の高さやアイポイントの高さから想像するに「これくらいの横Gをかければロールするだろう」という感覚でハンドルを切っても見事にロールせず、難なくクイッと曲がりきってしまう。

「ん???あれっ??」

かなり横Gをくらって車体が大きく傾く状態を想定しているから、こちらも体を踏ん張っていただけに、拍子抜けしてしまった。気のせいかと思い、何度かロールを起こすべくギュンッ!と曲がってみるのだが・・・何事もなく曲がりきるCH-R。

なんと!

不自然に感じるほど、全くと言っていいほど、ロールが抑えられている。これはかなりスゴイ。

タイヤ

意外にも新車装着タイヤはブリジストンのPOTENZA。

かと言って足回りがガチガチに硬く締まっているわけでもなく、乗り心地はかなり良くてシルキー。むしろ多少フワっとした感触も感じるほどで、「POTENZAってこんな乗り心地良かったっけ??」という位。それだけに「曲がればユサユサするんだろうな・・」と思ってしまうのだが見事に予想を裏切って全然揺れず、極めてフラットな操舵感だった。

ハイグリップで硬めのタイヤを履きながらもサスペンションが乗り心地や当たりを柔らかくし、肝心の走行時はそのグリップを遺憾なく発揮させ、低重心・高剛性パッケージが更なる走行安定性を演出する。

乗り心地と安定感は素晴らしいものがある。

エンジンは・・・残念!

しかしである。

試乗したのは4WDのG-T。すなわちガソリンターボエンジンを積む上級モデルである。近年のトレンドを反映してか、いわゆるダウンサイジングターボというやつで、排気量は1200cc。

車両重量がCH-Rより約400kgも軽いヴィッツでさえ、ターボではないが1300ccの自然吸気エンジンを積む。もちろんダウンサイジングターボの方が出力、トルク共に数値は上回るのだが、しかし1200ccのエンジンである。明らかに1400kg超えの車重をもつCH-Rを動かすエンジンとしては力不足だった。

小さいエンジンを無理やりターボで回しているような感触。踏めば5,000、6,000回転まで苦しそうに回るのだがスピードや加速感は付いてこない。例えるなら軽自動車で高速道路を走っているような・・。音は派手だが、それがスピードや加速とリンクしていないような感覚。

エンジンの震えや音の上がりに比べて、実際の加速感やスピード感が想像よりも上回れば上回るほど、ヒトはそのエンジンに「パワー」を感じる。音も静かで震えも少ないのにグングン加速する、例えば電気自動車やディーゼルターボエンジンがパワフルだと感じるのはそのためだ。

その逆の場合、当然「非力」な印象を与えてしまう。残念ながらCH-Rのガソリンターボは後者。

車体の剛性や足回りのしなやかさ、重心の低さなど、パッケージの優秀さ、価格を考慮するともう一つ上のクラスのエンジンが載れば・・と思わずにはいられない。つくづく残念である。

この辺りは自然吸気の1,800ccエンジンを積み、そこにモーターのパワーもプラスされるハイブリットモデルの方が良いかもしれない。

 最高出力最高出力(+モーター)最大トルク最大トルク(+モーター)
ハイブリット72KW(98PS)90KW (122PS)142N・m??
ガソリンターボ85KW(116PS)/185N・m/

ご覧のように、ハイブリットはエンジンの出力こそガソリンターボを下回るものの、モーターと合わせたシステム最大出力はガソリンターボを上回る。残念ながらモーターのトルクも合わせたシステム最大トルク数値を確認出来ないので不明だが、恐らくトルクもガソリンターボを上回るのではないかと推測される。

機会があれば是非試乗して確かめたいところ。

価格

さて気になる価格。今回試乗したG-Tで見積もりを出してもらった。

CH-R価格表
車両本体価格¥2,799,600
メーカオプション¥72,360
付属品¥248,940
法定費用¥272,605
¥3,393,500

乗り出しで約340万円!

メーカーオプション明細は

  • スペアタイヤ ¥10,800
  • バックカメラ ¥37,800
  • 寒冷地仕様  ¥23,760

付属品明細は

  • ETC関連    ¥25,080
  • フロアマット  ¥33,480
  • サイドバイザー ¥15,120
  • ナビ      ¥172,800

となっています。ナビやサイドバイザー、フロアマットを付けなければ300万円ちょっとになりますが、これを安いと取るか高いと取るか。意見の分かれそうな所。

 SPONSORED LINK

トヨタCH-R試乗まとめ

良くも悪くもトヨタである。

TNGAプラットフォームの出来、数々の便利装備、安全装備、価格、クオリティは日本車らしく極めて高い次元にある車。しかし悪い言い方をすると個性が無いというかなんというか・・・

とても優秀なんだけど、ずば抜けた何かに乏しいと言うか・・・。

ガソリンターボエンジンを酷評してしまったが、別に峠を駆け抜けたり停車からの信号青で一気に法定速度まで加速したい、とか言う自分のような極一部の人間にとって物足りないというだけで、普通に買い物に通勤に、たまにレジャーにという一般的な使い方ならば全く不自由しないエンジンではある。

しかし、シャシーがこれだけよく出来ているだけについエンジンにも期待してしまう。というのがクルマ好きの本音。そしてこういう所がそのクルマの個性に繋がったりするのだ。最近のマツダはそういう個性を磨こうと必死に努力している様子が見受けられるし実際にどんどん個性的な、運転が楽しくなるクルマを創っていると思う。

しかしCH-Rは「無難」という粋を出れずにいる印象。確かにエクステリアは無難の粋を軽々と飛び抜けた攻めたスタイリングである。

しかし走りはと言うと・・・もう一つパンチが欲しかったかな。というのが正直な所。このシャシーにもう少しパワフルなエンジンを載せて、もう少し太めのタイヤを履かせれば、かなり面白いクルマに仕上がると思う。現段階では「ドライバーズカー」を標榜しつつも、やっぱりどこか「無難」に収まってしまった印象がある。

いや、でも普通に乗る分には全然いい車ですよ。はい。

 SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-トヨタ, 試乗記

Copyright© カーモット! , 2021 All Rights Reserved.