BMW 試乗記

【BMW 118d Mスポーツ試乗】最後のFRコンパクトの超絶ハンドリングに酔いしれる。

更新日:

憧れ続けたBMW 1シリーズ118dを24時間モニター試乗しました!   その①からの続きです。

その1
【BMW 118d Mスポーツ試乗】24時間モニターで堪能した駆け抜ける歓び!

2日間の休日を利用して、兼ねてより気になっていた、というか現愛車レガシィを買うときにも迷ったBMW 1シリーズ、その最新 ...

続きを見る

いや〜これほんっと楽しいクルマですね!

なんなんでしょう。ちょっと衝撃的ですらあります。

これがBMWか!これが駆けぬける歓びか!とかなり心躍る試乗となりました。

 SPONSORED LINK

BMW 1シリーズ118d M-スポーツの走行性能

IMG_8687_01

さて肝心要の走行性能。これはもう文句の付け所が無い! ほんっっとに楽しい。

「曲がる」こと「登る」ことがこんなに楽しいだなんて。 試乗したのはディーゼルエンジンを積んだ118d。さらにMスポーツ仕様なので通常モデルより車高が1㎝下がったスポーツサスペンション仕様、足回りは前後別サイズの17インチ・POTENZA。充分に走れる設定である。

ディーゼルエンジン快調!

IMG_8646

そのディーゼルエンジンのスペックは

  • 最高出力  150ps/4,000rpm
  • 最大トルク   32.6kgm/1,500-3,000rpm
  • 0-100km加速 8.1秒
  • 燃費  22.2km

というカタログ値。燃費もさることながらやっぱりディーゼルエンジンの魅力はトルク。早くも1,500rpmから最大トルクを発揮するその力強さ。踏んだ瞬間にいきなりグッと押し出される感触。

ガソリンエンジンは一瞬のタイムラグを経てグォーーーっと加速していくイメージだが、対してディーゼルエンジンはグワッーーっといきなり加速するイメージ。そのぶん後半の伸びは無いのだけど、それを補うに余りある程に出足は俊足快調。 特に登り坂でその特徴が存分に感じられる。どんな勾配だろうと踏めば平地かのように難なく加速する。登りで傾斜がある分、余分にGを感じるしそれがまた気持ちいいこと!

信号が青になった瞬間に踏めば一瞬で60kmに到達。法定速度内でも充分に快感を得ることが出来る。とは言え、有り余るパワーをぶっ放す、恐怖を感じる様な強烈な加速ではない。むしろそれじゃあトゥーマッチ。必要にして充分で、ベタ踏みしてもちゃんとコントロール出来る程の気持ちイイ加速感。

そしてワインディングの気持ちよさ。細かいカーブが連続する登りの峠道では、カーブの出口から次のカーブの入口までの一瞬の直線をもたつくこと無く瞬発的に加速。踏む→加速のタイムラグが極めて少ないからリズミカルにつづら折りに続くカーブをこなして行ける。この快感はディーゼル冥利につきる! シフトレバーを左に入れてMTモードを選択すると更に軽快。

IMG_8664_01

勾配のある細かいワインディングでエンジン回転数を2,000rpm前後に保つギアをMTモードで選択しながら登ればレスポンスと加速は更に俊敏に。思い描く以上の加速をしながら難なくカーブとキツイ登りを攻略していく。思わずつぶやいた。こりゃあたまらんわ!! そしてブレーキの効きもイイ!街中で走る分にはちょっと「過剰だな」と感じるくらい、少しの踏み込みでキューっと制動される。この効きが例えば下り坂の急カーブ時なんかには効果テキメンで、一切挙動を乱さずスーッと減速してくれる。ブレーキがしっかりしてるから多少スピードに乗っても安心できると言うか、、しっかり止まれるって大事だと痛感した。 ま、その分耐久性は低いかもしれないけど・・・

そして燃費

IMG_8693_01

昼〜翌日午後までの試乗で走りに走って結局400kmも走ってしまい、その98%が一般道、更にその70%あまりを峠道走行にあて、加速減速を繰り返しながら登坂下坂をすると言う燃費などクソ食らえの走行で、燃費はなんと14.0km。

メーターは半分を切った程度。タンク容量は52リッターだからこの走行スタイルでも満タン728kmは走る。 リッター14kmなんて愛車レガシィならばかなり気を使った燃費走行、且つバイパスを定速航行。くらいの環境でやっとこさ達成する数字。今回の試乗と同じような走り方をすれば恐らく7km、良くて9km、という具合だと思う。

驚きの低燃費

好きなだけ加速して好きなだけ登りまくってこの燃費なら平地定速走行20km超えは間違いないはず。それならば満タンで1,000kmは走れる計算になる。カタログ値通りのリッター22.2kmの燃費ならば1,154km!東京から福岡まで無給油走行が出来る計算に!

しかも燃油代は軽油だからリッター105円✕28L給油で2,940円だった。 もしハイオクで2,940円分の給油をすればリッター143円換算で20.5Lしか入れられない。もし20.5Lで400km走ったとするハイオク換算燃費にすれば19.5kmにもなる。 これだけの加速感を味わえてしかも経済的。すっかりディーゼルエンジンの虜になった。

サスペンション

IMG_8652_01

Mスポーツ仕様のちょっと硬めのサスペンションがこれまた素晴らしい。確かに硬さ故に路面の凹凸はよく拾う。拾うんだけれどきちんといなして伝えてくる。愛車レガシィのそれは劣化もあるんだろうが、もうゴリゴリ、ガツガツ、ガタゴト。と言った具合。

118dMスポーツはそこから全部濁点を取った感じ。ゴリゴリがコリコリになり、ガツガツがカツカツになり。ガタゴトがカタコトになる。ドンっ!と来そうな大きな凹凸もトンっと軽くいなす感じ。硬いと言うより締まってコシがあると言えばいいのか。 いやはやこれが名高いドイツ車サスペンションですか。さすがです。

ワインディングに入るとこの締り具合が最高の感触をもたらしてくれるけど、なんてことない街中の平坦路だとちょっと硬さが目立つのは事実。 そう考えるとMスポーツじゃない「スポーツ」のノーマルサスペンションにオプションの17インチタイヤを合わせるのもいいかもしれない。と思った。 ただもしかしたらその硬さはランフラットタイヤに依るものかもしれない。通常のタイヤよりランフラットは硬さが目立つ傾向にあるようで、BMWオーナーの中には普通のタイヤに履き替える人も多いのだとか。

 SPONSORED LINK

次のページへ >

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-BMW, 試乗記

Copyright© カーモット! , 2020 All Rights Reserved.