カーライフ パーツ

インチアップでBMW純正18インチホイールを1シリーズ(F20)に装着!

更新日:

我がBMW 1シリーズ、118dの足回りアップデートを行いました。

118d Mスポーツは標準で17インチ、前後異径のランフラットタイヤを履いていますが、走行20,000kmを前にしてすでにかなり目減り。

標準装着17インチホイールが好きではなかったこと、そしてランフラットの乗り心地にどうも馴染めなかったので脱ランフラット+ホイール変更の運びとなりました。

 SPONSORED LINK

BMW 118d Mスポーツをインチアップ!

118d Mスポーツ標準装着ホイール

標準17インチのホイールはこの菊紋のようなホイール↓

標準17インチ「383M」

1シリーズ(F20)には前期型・後期型がありますが、このホイールは前期型の初期からMスポーツに使われている「383M」というホイール。

後期型になって外観はかなりモダンにアップデートされていますが、どうもこのホイールのデザインは一世代前の印象を与えます。

と、いうことでホイールを変えたかったのが一点。そして経年劣化して硬化してきたブリジストンS001ランフラット(BMW承認)のフィーリングがどうも気に食わず、脱ランフラットしてみたかったのが一点。

もちろんこのまま17インチで脱ランフラットする手もあったものの、それだと一気にフニャフニャになってしまうのではないかと危惧して、ならば1インチアップの18インチ化してラジアルタイヤを組み合わせればバランスは取れるのではないか。との目論見から今回の変更に至ったのでした。

18インチ、BMW純正Mダブルスポークスタイリング「436M」

BMW純正18インチ、436MはM140i標準装着ホイール。

購入したホイールはBMW純正の「Mダブルスポークスタイリング436M」18インチ。

元は1シリーズのMパフォーマンスモデルであるM135i、M140iの標準装着ホイール。前期型のM135i時代から装着されているホイールという事で、118dに標準の「383M」とは年代的にはそう変わらないものの、こちらの436Mの方がだいぶイケてるデザイン。

通常1シリーズ向けのオプションとして正式に用意されるのは「ダブルスポークスタイリング461M」↓

この461Mには「シルバー」と「フェリックグレー」の2色あって、オプションの「ファスト・トラックパッケージ」をつけるともれなくこのフェリックグレーの461Mが付いてくる。

この461Mのフェリックグレーが本当は欲しかったのだが、これがなかなか中古市場には出回らない。シルバーの方はちょこちょこ目にするものの、元々の数が少ないのかフェリックグレーの461Mにはありつけず、同じくフェリックグレーの436Mに落ち着いた。というのが実際のところ。

ホイール重量

ところで、「383M」「436M」「461M」の重量を調べてみると・・・

 4本重量S001 RFT(4本)Pilot Sports 4(4本)合計

383M

42.3kg45.34kg87.64kg

461M

45.4kg40.12kg85.52kg

436M

43.6kg40.12kg83.72kg

このような結果に。

前後異径サイズなので当然フロント・リアで重量が異なるものの、4本合計すると購入した436Mは18インチにも関わらず、17インチ383M比+1.3kgの43.6kgしかない。

そして合わせるタイヤ、ミシュランパイロットスポーツ4の前後異径4本分の重量は40.12kgで、S001 RFTより5kgも軽い。合計するとインチアップしたにも関わらず全体で4kg弱軽くなるという結果に。

実際に数字を並べてみるとランフラットタイヤの重さを痛感します。

436Mを装着!

シルバーよりガンメタっぽい「フェリックグレー」の色味とエストリルブルーがよく合っています。良いですね。

次期型はFF化することが確定している1シリーズですが、「最後のFRコンパクト」と言われたこのF系のプロポーションは秀逸です。特にこのサイドビュー。FR故のロングノーズ・ショートキャビン。美しいです。

フロントフェンダー上部からテールライトに向かって伸びるBMW伝統の「ホリゾンタルライン」。

駆動輪が後輪であることを強調するリアフェンダー周囲の盛り上がり。ホリゾンタルラインのひとつ下のラインはプレスラインではなく、面構成の変化によって現れる通称「ボーンライン」。

中に骨が通っているように思わせ、筋肉質なボディを演出するこちらもBMWお得意のスタイリング処理。

と、ホイールよりもボディの話に移ってしまいましたが、、エストリルブルーとの相性は抜群の色味と迫力のホイールですね。M140iルックの118d。

ちなみにお値段は4本中古で68,000円!

が、ひとつ残念な点は「ダブルスポークでブレーキが丸見えになったのにMスポーツブレーキではない」こと。

118dでも「ファスト・トラックパッケージ」オプション装着車はブレーキキャリパーが青いMスポーツブレーキが装備となりますが・・・

ホイールの隙間からMロゴの入ったブルーキャリパーが覗かないのは残念。こればかりはしょうがない。ご愛嬌という事で。

装着したミシュランのパイロットスポーツ4についてはこちら↓

パーツ

ミシュラン パイロットスポーツ4をBMW 1シリーズ(F20)に装着!

2019/03/26  

標準17インチホイールからM140i純正の18インチホイールへのインチアップを行いました。 そして合わせたタイヤは脱ラン ...

 SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-カーライフ, パーツ

Copyright© カーモット! , 2019 All Rights Reserved.